世界的にアジアの男性は薄毛が少ないとされています。世界で最も薄毛人口の多い国は、ヨーロッパのチェコ共和国であるとされ、成人男性の実に42パーセント以上が薄毛であるとされます。2位以下にもヨーロッパの国が続き、スペインやフランスがチェコについで薄毛人口が多いです。世界の男性型脱毛症の人口は2億9231万人にものぼるとされています。

さて、日本は世界で14位の薄毛国であるとされ、成人男性の26,7パーセントが薄毛だとされます。チェコの42パーセントに比べれば15パーセント程度少ないですが、アジア諸国の中では第一位です。ついで、中国やシンガポールなどの国が並びますが、薄毛割合25パーセントを超える国は、アジアでは日本が唯一です。

男性型脱毛症をAGAと呼びます。薄毛は病気ではないとされることもありますがAGAは病気であるとされ、薬やシャンプー、育毛剤などで改善が見られるものです。しかし、AGAはシャンプーや育毛剤による発毛増進を行わなければ、自然治癒することはなく、進行を続ける病気です。
そのため、AGAを改善するためには、育毛剤や育毛シャンプーは必須のものとなります。現在、世界的にも様々な育毛剤やシャンプーが開発されており、海外の育毛商品を個人輸入することも出来ます。

OUT LINK

城西クリニックで抜け毛を予防しよう:AGA治療専門病院の実力検証サイト
育毛剤の使い方を調べるなら/育毛剤の「使い方」講座
育毛の悩みにはかんきろうがオススメです!/はぴねすくらぶ